学園歌・校歌

工学院大学の学園歌・校歌です。

工学院大学歌

小 川 泰 行  作詞
津 川 主 一  作曲
1. 希望の光さしいでて  理想を胸に抱くとき
若人われらいそしめる科学の園はここにあり
ああ わが工学院  その名よ永遠に光あれ
2. 青春を歌うこの窓に  はるかに仰ぐ富士の嶺
築地の泉わきいでて  伝統の旗ひるがえる
ああ わが工学院  その名よ永遠に誇りあれ
3. 真理の道をきわめつつ  四海の友と進むとき
心ひとつに助け合い  ゆるがぬ平和うちたてん
ああ わが工学院  その名よ永遠に栄えあれ

工学院大学専門学校校歌

清 水   順  作詞
巌 谷 小 波  監修
辻   順 治  作曲
1. 見よ清浄の淀橋に
校舎は高くそびえたり
実力の旗ひるがえし
我等が健児意気高し
誠実努力撓みなく
進め、いそしめ、国のため
2. 見よ先輩の蛍雪は
工業日本を築きたり
築地の風に鍛えたる
師兄の意気を受け継ぎて
誠実努力撓みなく
進め、いそしめ、国のため

工学院大学高等学校校歌

中野八十八  作詞
佐竹 正義   作曲
1. 雨に嵐に  うち耐えて
凛乎と迫る  芙蓉峯
千古ゆるがぬ姿こそ
若きわれらの  生命なれ
ああ撓みなき  愛学の
息吹は文化の光なり
2. 歴史燦たる  学舎に
若き希望は  燃上がる
貫き徹おす  真心は
母校の花と  咲き匂う
ああ比類なき  愛校の
誉は永遠に  輝かん
3. 重き使命を双肩に
担いて起てる  若人よ
滾る血汐の高鳴りは
平和を祈る  歌なれや
ああ新たなる  愛国の
心は世界の  生きる道
Copyright©Since 1993 一般社団法人 工学院大学校友会 All Rights Reserved.