ソーラーカー報告会がありました

現役学生のプロジェクトであるソーラーカーは、世界大会のレースに参戦し好成績をあげました。

2017年11月9日、帰国報告会が新宿校舎で開かれました。

報告会は佐藤光史学長の挨拶で始まり、この参戦の支援・応援された企業のご挨拶を受けましした。

佐藤光史学長挨拶

協賛企業代表
株式会社ブリジストン
牛窪寿夫氏

応援企業代表
株式会社ジーエイチクラフト
郷家正義氏

 

 

 

 

 

 

 

 

応援大使の足立梨花さんはビデオメッセージを寄せてくださいました。花を添えてくださいました。

報告は 中川拓朗学生キャプテン。

苦労も明るく報告
中川拓朗キャプテン

 

 

 

 

 

 

 

メディア記者からの質疑応答セクションも設けられ、アクシデントの連続だった今回のレース模様が明らかになりました。
・オーストラリアで出発地点に向かう際の横転事故(2週間かけ修復した)
・レース3日、4日目の嵐(ソーラー発電ができない)
試練が続きました。

鷹野一朗副学長からプロジェクトチームの苦労をねぎらい、学び「場」で大きな、大きな成果が上がったことがたたえられました。
学生プロジェクト      306名
オーストラリア遠征チーム  34名
チャレンジャークラス出場  26チーム中、完走12チーム。7位でゴール。

試練を乗り越えた
プロジェクトメンバー

労をねぎらう
鷹野一朗副学長