第18回全国大会 北海道大会開かる

2017年9月9日(重陽の節句)、
3年に一度の全国大会、第18回となる今回は北海道札幌市で開かれ、
出席者数200名を超える大きな催しとなりました。
札幌市中心地にあるポールスター札幌を会場に、午後4時から式典が開催されました。

賑わう受付
結構な混雑でした

校友会田中英生会長の
挨拶

大会委員長
稲田光男北海道支部長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

後藤治理事長祝辞

校歌斉唱
歌唱はグリークラブ有志

式典閉会の辞
福島正紘大会副委員長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて会場を移動し、大会記念パーティーが開かれました。
式典と変わり華やか中でも和やかな雰囲気のなか進められました。しかし、中程のお楽しみ抽選会に移ると拍手と歓声に会場は包まれました。
親子で、家族で、幸運をつかまれた方もいらっしゃいました。こんな偶然、あなたは信じますか。

父娘で強運
高知県から森薫氏

家族6名で出席
4名が獲得!
東京都から佐藤弘規氏

 

 

 

 

 

 

 

 

大会記念パーティは、
祝奏で始まりました。
アイヌ伝統のムックリです。この楽器は竹で出来ています。

演奏はアイヌ民族博物館 学芸員 八幡巴絵氏

祝賀会開会挨拶
大会実行委員長
稲田光男氏

来賓祝辞 工学院大学学長 佐藤光史氏

乾杯の音頭は 前理事長 髙田貢氏

 

 

 

 

 

 

 

 

アトラクションが賑やかに始まりました。出し物は二種類です。

伝統のマレウレウを歌う

古式に則り
歌う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイヌ伝統歌「マレウレウ」が静ならこちらは動。多くの若者が舞台にあふれるよさこいソーラン。

若者のエネルギーあふれる踊り

 

 

 

 

 

 

**  次期開催地の発表 別ページ参照願います。

万歳三唱

万歳三唱は 附属中学・高等学校長 平方邦行氏

大会会場入口
看板

 

 

 

 

 

 

 

閉会の挨拶は、大会副実行委員長 福島正紘氏

笑顔と歓声、色彩あふれ賑やかな大会でした。